犯人が 包丁もって 立てこもり

おはようございます。

朝は涼しくとても過ごしやすいですね。この気持ちよさが好きなので、いつも無駄に早起きしてます笑

そんな暇な時間にニュースを見ていると、気になる記事がちらり。

 

男が居酒屋に立てこもり=突入し逮捕、けが人なし-警視庁

25日午後2時40分ごろ、東京都渋谷区代々木のビル2階の居酒屋で、男から「無銭飲食をやった」と警視庁原宿署に電話があった。男は刃物を持って立てこもったが、同庁捜査1課の特殊捜査班(SIT)が午後5時ごろ店内に突入し、公務執行妨害容疑で現行犯逮捕した。従業員らは避難し、人質やけが人はいなかった。

出典元:時事ドットコム

 

うーむ、危ないニュースですね。けが人はいなかったからよかったものの、誰がいてもおかしくない場所で起こる事件って怖いですよね。そしてもっと怖いのが”避けようがない”ところです。

夜中に街を一人で歩かないとか、そんな注意じゃ回避できないですもん。今回のなんて事件が起きたのは午後2時過ぎですよ?じゃあ、事件に遭わないようにするためには午後の外出は控えましょうってなるじゃないですか。

生きるために人との関わりを避けるって人生において矛盾している気がするんですよね。

だからといって事件が起こりそうな場所に行けというわけではありませんが・・・。

 

やっぱり”避けようがない”事件ってあるんですよ。とすると、それを防ぐためにはそもそも事件が起こらない世の中にしないといけない。

今回の事件でいうと、犯人は無銭飲食から始まって立てこもったようだから、ちゃんとお金があれば・・・あれ、でも先程の引用からさらに読み進めていくと気になる文章があるぞ。

 

同課によると、男は30代とみられ、上半身裸で包丁と花火のようなものを所持。駆け付けた警察官を「殺してやる。爆弾を持っているぞ」などと脅迫した。
窓ガラスを割り、椅子や酒瓶などを外に投げるなどしていたが、店外の階段の踊り場で身柄を確保された。酩酊(めいてい)状態でろれつが回っておらず、取り調べはできていないという。
現場はJR代々木駅前の雑居ビルで、路上には男が落としたとみられる消火器やビールケース、ガラス片などが散乱。近くには予備校などもあり、一時騒然となった。

出典元:時事ドットコム

 

じょ、上半身裸で包丁!?そして花火!?なんだなんだ始まりは無銭飲食じゃなく、もっと前から計画されたものだったのか。いやでももっと前から計画したなら、別の装備があったんじゃないのか!?

服装に至ってはそもそも装備してないし・・・。どういう経緯があったのでしょうか。例えば犯人はこう考えたのでしょうか。

 

「どうしてもお腹が空いたから居酒屋に行きたい。いやでも金がねぇ。仕方ない、一度ドンキで花火と包丁を買ってくるか、これを爆弾に見立てれば料金くらい踏み倒せるだろ。おっといけねぇ、服は脱いどくか」

 

つ、突っ込みどころが多い・・・。

花火と包丁買うならその金でごはん食べなさい。ドンキでパンを買いなさい。なんで最後服脱いだんですか。

 

謎は深まるばかりです。今回は何事もなく(?)終わったからよかったものの、これで誰かがケガをしたとかになれば世の中やってられないですよ。

 

どうぞみなさん気をつけて生きて、避けようがない事件を避けましょう。

さぁ仕事頑張ろう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です