そうだ!豚(先輩)を木に登らせよう

先日あった会社の出来事なんですが、先輩の誘導がとてもうまかったので暇な方は読んでください。

 

私が黙々と仕事をしていると先輩がふら~っとやってきて

 

先輩「はしをさん、新しい企画考えてみたんだけどこれどう思う?」

私「わ、面白そうでいいですね! この部分ここに変えても面白そうです」
先輩「あ~なるほど! じゃあそれで一度企画書書いてもらってもいいかな?忙しいのにごめんね!」
・・・(。´・ω・)ん?

・・・(。´・ω・)ん?

 

 

・・・(。´・ω・)ん?

 

あれ、気のせいかな聞き間違いかな。

 

私「あれ、企画書、あれ私やります?」

 

先輩「まぁ大丈夫すぐできるよ!聞きながらでいいからね!」

 

あれれ~おかしいぞ~?

ふと気が付いたら・・・仕事が!!入れ替わっている!!!

(CV.コ●ン)

 

仕事を渡す技術高すぎないですか?

いつの間に渡されたのか全然気が付かなかったんですけど!?

 

これどういう会話をすれば回避できたのでしょうか。

企画見せられた時に「さすが先輩!すごい!!」って言えば良かったのかな・・・。

 

今度からは豚だと思っておだてまくるぞ☆彡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です