復讐の秋、始めます。

おはようございます。

もうすっかり秋ですね。

窓を閉めない派の私は毎朝起きると寒さに驚いています。

いつの間にこんなに寒くなったのでしょうか?つい先日まで暑い暑いと言っていたはずなのに・・・。

とは言え秋の到来は嬉しいものがあります。

秋は過ごしやすく、また実りの時期であることから昔から「読書の秋」や「食欲の秋」、「スポーツの秋」など○○の秋と称されます。

その他にも芸術や行楽など、様々な言葉を当てはめることができます。

これは暑さが一段落した秋は過ごしやすく、様々なことに挑戦しやすい環境にあるからだそうです。

また連休も多い時期なので、そういった面でも新しいことを始めやすいのかもしれませんね。

 

皆さんは「○○の秋」に何を入れますか?

 

本の虫と化し読書の秋に勤しむのも素敵だと思います。秋の味覚を堪能する食欲の秋、運動を始めるスポーツの秋。あるいはバリバリ働く仕事の秋なんて言う方もいるかもしれませんね。

自分のモチベーションが上がるなら何を入れてもいいと思います。

新しい言葉を入れることで、今より生活がちょっとだけワクワクするのではないでしょうか。

 

さて、人に尋ねるだけでなく当然私にも自分の秋があります。

タイトルを読んでこの記事を読まれた方は察しているとは思いますが、改めて私の秋を発表したいと思います。

 

私の秋は

 

 

 

せーのっ

 

 

復讐の秋

 

 

です。

秋をイメージして文字色を茶色にしてみました。

細かいところに気が回る男です。

まぁ毎日誰かに復讐するわけではありません。もちろんいじめをするわけでもありません。

うちの会社の社長が最近横暴でして。社長のご友人を外から引っ張ってどんどん部長職以上に就任させているのです。

こつこつ働いていた身としては「は?誰だお前」状態ですよ。

せっかく足がかかり始めた出世コースも道の先には新しい人たちが通せんぼしているのだから困ったものです。

 

というわけで先輩と話し合い、社長に小さな仕返しをしようという話になりました。

そして昨日、さっそく実行してきました。

 

仕事が終わり18時半。先輩と別々に会社を出て、近くの居酒屋に集合しました。

この居酒屋は会社の近くにもかかわらず社員が来ることは滅多にありません。

というよりは事情を知っている人たちはこの店を避けるようにしています。

なぜならここは、社長の行きつけだからです。

 

しかし私たちの計画は万全。社長の予定を把握し、今は出張中という情報の下店に行きました。

店に着き、一杯目のビールを飲み終えた後私と先輩は目を合わせます。

言葉を発せずともお互いの言いたいことは分かりました。

「「すいませーん」」

 

「「○○(社長の名前)のボトル水割りでお願いします」」

 

やったぜ!!!

やってやったぜ!!!

どうだ社長!お前がキープしたお気に入りのボトルは俺たちの胃の中だ!!!

 

小さな小さな、とてもしょうもない仕返しですが、私たちは社長が入れたばかりのボトルを頼み、全て空にして店を出ました。

とても小さな仕返しです。これだけ引っ張っておいてオチがこれかよと思う方もいるでしょう。

全面的に同意です。

返す言葉がありません、すみません。

 

皆さんも新しい「○○の秋」を見つけてはみませんか?

ただし、新しいことを始めるのであれば自分が初心者であるということを忘れずに。

スポーツ、芸術、復讐、何を始めるにしても最初はレベル1から始めてみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です