立ち上がれ月曜日の勇者

はい皆さんおはようございますぅううぅぅ。

昨日はぐっすり眠れましたか。

目を閉じてしまうと平日が迎えにくる、という恐怖から寝付けなかった方もいるのではないでしょうか。

奇遇ですね、私もです!

とは言え寝不足だろうが何だろうがやつらは同じ速度で近づいてくるようです。

結局きました月曜日。

 

月曜日って一番身体が重く感じてしまいます。

そして段々調子が戻ってきて、金曜日の夜くらいに本調子になります。

私、休日が大好きです。←

 

でも憂鬱な月曜日でも少しだけ意識を変えれば楽しく働けると思います。

例えば、魔法を信じてみるのはどうでしょうか?

 


この世はおとぎ話のような世界。

小さい頃に読んでもらった絵本にでてくるような世界です。

どこにいるかは分からないけど、悪い魔女がどこかでひっそりと暮らしている。

魔女は美人が大嫌い。きれいな心が大嫌い。

だから魔女は悪い魔法をかけるんです。

美人はおじさんになり、きれいな心は卑しい心になるように。

 

あなたの好きな芸能人は誰ですか?

二階堂ふみ?有村架純?

これまた奇遇ですね、私もです。

彼女たちは美人です。

そしてこれは願望に近いものがありますが、きれいな心を持っているでしょう。

魔女はそんな彼女たちを見逃すはずがありません。

二人は華やかな芸能界では生活できないような醜悪な容姿に変えられ、一般社会へと追放されてしまいました。

冴えないおじさんに変えられ誰にも気づいてもらえず、きれいな言葉を喋ろうにも口を開けば自然と罵詈雑言が飛び出してしまう。

 

その容姿は恐らく少しヒゲが生えていて中年太り。

髪型は学生時代に砕けた青春時代を拾い集めたようなスポーツ刈り。

話す内容はガールズバーで出会った女の子の自慢ばかりで、周りが辟易していることには気づかず「これがかっこいい」と勘違いしている。

月曜の朝一から飲みの誘いの連絡をしてくる様な奴。

 

そう、きっと私の上司は有村架純。

そしてその横で人がミスした時だけ嬉しそうに声かけてくるスネ夫が二階堂ふみ。

 

なんて可哀想な二人でしょうか。

美人であるがゆえに魔女に目をつけられてしまい、いくら私にやさしい言葉をかけようとしても魔法のせいで暴言がでてしまうのです。

本当は私に「いつもごめんね」って言いたいんですよね。

大丈夫、全てわかっています。

あなたが背負った悲しい運命を思うと、嫌いだった上司も今は愛情を注ぎたくて仕方ありません。

いつもありがとうございます。

早く魔法が解けることを祈っています。

 

どうか、魔女の魔法が解けますように。

 


 

 

 

 

 

的な?

 

さぁ、魔法に屈することのない勇者共よ、今日も働こうではないか。

 

お暇があればぽちっとお願いします(*´ω`)

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です