警察が警察に通報され一時運転見合わせ

ニュースを見ているとちょっと変わったニュースを目にしました。

 

 JR東海によると、22日午前8時35分ごろ、東海道新幹線のぞみ114号(広島発東京行き)で、新大阪-京都間を走行中、乗客から車掌に「3号車付近に拳銃を持った人がいる」との情報が寄せられた。車掌から連絡を受けた総合指令所が同9時20分ごろ、110番通報した。

 愛知県警中村署員が名古屋駅に停車中の新幹線に駆けつけ、車内を点検。拳銃を携行していた大阪府警の男性警察官がおり、乗客が不審者と勘違いしたことが分かった。警察官は私服姿で、研修のため東京に移動中だった。

 安全確認のため、同新幹線は名古屋駅を36分遅れて発車するなど上り8本に遅れが発生し、乗客約9100人に影響が出た。

(参照:毎日新聞)


ざっくり要約すると、東海道新幹線内で「電車内で拳銃を持った人がいる」という通報があり、愛知県警が駆け付けたところ、拳銃を携帯していたのは大阪府警の私服警官だったそうです。

 

んなんじゃそりゃ!!

 

よく分からないけど、私服警官って拳銃見えるように所持するものなんですね。

それは私服の意味がないような・・・。

 

とは言え、大勢の方に支障がでてしまっていますが、通報した方は何も悪くないと思います。

以前も電車内で事件がありましたし、事件を未然に防ぐためには必要な処置かと。

 

一方で警察の行動は正しかったのでしょうか。

研修中の警察官に拳銃を渡し、一人で行動させるというのは少し危険な気がします・・・(;´・ω・)

通報された大阪府警の警察官はルールに則った行動をしたらしいですが、一体どういうルールが適用されていたのか気になります・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です